Interview

吉川 愛衣梨

お客さまと会社をつなぐ
懸け橋のような存在に

レジ部門 サブチーフ

Yoshikawa Airi

2020年入社

入社動機は?

地元の京都が大好きで、就職活動は京都で働けるか、京都から通える会社という条件で探していたところ、マツモトに出会いました。アルバイトで接客の楽しさを実感していたことに加え、自宅の近くに当社の店舗があり、親近感を持っていました。
そして、面接では採用担当の方が気さくに話してくださり、飾らない私を理解しようとしてくださっているのが伝わり、「ここで働きたい」と感じました。

仕事内容を教えてください。
また、マツモトの特長は?

レジ部門の仕事は、レジ打ちをするチェックアウト業務と、お客さまの問い合わせに対応するサービスカウンター業務です。チェックアウト業務は正確・スピーディーに商品登録するだけでなく、笑顔でお客さまに接客することが大切です。サービスカウンター業務は、お客さまから商品について問い合わせがあった場合、関連部門と連携して在庫確認や発注を行います。また、ご意見をいただいた際は上司に報告し、必要であれば改善につなげます。
店舗の状況に応じてパートさんに指示を出すことも大切な仕事。このように私の仕事は、お客さまとマツモトをつなぐ懸け橋のような存在といえるかもしれません。

仕事で「楽しかったこと」、「大変だったこと」は?

入社1年目で社内チェッカーコンテストに出場し、優秀賞を獲得した時は嬉しかったですね。受賞したことはもちろんですが、何よりもコンテスト前に本部のレジトレーナーさんに指導していただきながらトレーニングをして、レジ打ちが上達したことが嬉しかったです。そして、上司やお客さまから「うまくなったね」と褒めてもらえたことは、自信につながりました。
お客さまとの関わりは、やりがいであると同時にむずかしいことでもあります。レジはお客さまが買い物の最後に通るところなので、「またマツモトに来たい」と思っていただける接客を大切にしています。

仕事で心がけていることは?

お客さまや、パートさんをはじめとする職場のみなさんへの言葉遣いや心配りは常に気をつけています。年齢層が幅広いので、一人ひとりの個性に合わせたコミュニケーションを心がけています。
例えば、「このお客さまはフレンドリーに話しかけた方が良いのか」といった見極めは、経験を積む中で身についてきたように感じます。

どんな人と一緒に働きたいですか?
就活生へのアドバイスもお願いします。

就職活動は何でも良いので、自分のこだわりを持って取り組めば自分に合った会社に出会えると思います。
お仕事に関しては、人が好きで、意欲を持って仕事に取り組める人と一緒に働きたいです。そして、いろいろなことに積極的にチャレンジしてほしい。当社は「たとえチャレンジが失敗しても、成長につなげれば良い」という社風があり、まわりの方々が支えてくださるので、思いきって挑戦できる環境です。

マツモトへのエントリーはこちらから

マイナビ2023 リクナビ2023