Interview

田中 翔也

良い商品を魅力的に提供するため
自分たちで考え、実践する

精肉部門 チーフ

Tanaka Shoya

2016年入社

入社動機は?

学生時代に接客業を経験したいと思い、マツモトでアルバイトをしたことがきっかけです。当時の店長が、お客さまだけでなく従業員やパートナーさまとのコミュニケーションを大切にされる方で、「仕事って楽しい」と感じたんです。そして次第に「食」を通じて地域の方々の暮らしを支える仕事にも魅力を感じるようになり、就職先を考えた時は、マツモト一択でした。

仕事内容を教えてください。
また、マツモトの特長は?

入社以来、精肉部門に所属し、現在はチーフを担当しています。仕事内容は、精肉部門の責任者として、売り場のレイアウトをはじめ、牛肉・豚肉・鶏肉の加工から陳列・販売までのマネジメントです。もちろん数字の管理も担っています。 本部やバイヤーと商品について情報共有し、どうすればお客さまにアピールできるかを、店長や売場担当者と相談しながら決めていきます。このように自分たちで考える余白があるのが当社の特長です。
また、従業員やパートさんの指導・サポートも大切な仕事。状況に応じて、適切な指示を出すことが求められます。

仕事で「楽しかったこと」、「大変だったこと」は?

よくあることかもしれませんが、やはりお客さまから「ありがとう」と声をかけてもらうことが嬉しいですね。時々「あんたがお肉を切ってくれるとおいしいわ」と、指名が入ることも。こうしてお客さまとダイレクトに関われることは、この仕事の醍醐味です。
大変なことは、天気や気候によって商品の売行が大きく変化すること。見誤るとチャンスロスにつながってしまいますが、自分たちで立てた戦略が的中すると大きな達成感を味わえます。
また、当社は社員と経営陣との距離が近いことも特色のひとつ。会長や社長が定期的に店舗を訪問されるのですが、私たちの名前を覚えてくださっていて、気さくな雰囲気でアドバイスをいただけるので、勉強になります。

仕事で心がけていることは?

良い商品をベストな状態でお客さまに提供すること。そのためには、商品や売り場の状態を見極める力が必要です。入社してからいろいろなことを経験し、成長できているという手応えはありますが、まだまだ上を目指したいと思っています。
そして、アルバイト時代の店長のように、相手の立場に立ってコミュニケーションをとるよう心がけています。一方的に自分の意見を押しつけたり、ネガティブな態度をとったりすると、店舗全体の雰囲気に影響するので、常にポジティブに物事をとらえ、より良い関係づくりに努めています。

どんな人と一緒に働きたいですか?
就活生へのアドバイスもお願いします。

明るく元気な人、向上心のある人です。私はこれまで常に目標を立てて、達成できるよう取り組んできました。こうした姿勢を評価していただき、いち早くチーフを任せていただきました。今は店長になることを目標にしてがんばっています。
当社にはチャンスがあり、成果に対してしっかり評価してもらえる環境があるので、やりがいがあります。時には思い通りにいかないこともあると思いますが、必ず成長につながるので、諦めずに何度でもトライしてください。

マツモトへのエントリーはこちらから

マイナビ2023 リクナビ2023