Interview

「ありがとう」を励みに
手本となる接客を目指して

レジ部門 サブチーフ

片岡 藍Kataoka Ai

2016年入社

Q1

入社動機は何ですか?

アルバイトをした飲食店で、どうすればお客様に喜んでもらえるかを考える楽しさを知り、接客業を中心に就職活動をしました。スーパーのほか、書店やホテルなども受けましたが、マツモトが接客に力を入れていると知ったのが、興味を持ったきっかけです。実際に店舗を見に行くと、お客様とちゃんと目をあわせて接客していて、「私もここで接客の技術を深めたい」と思いました。

Q2

仕事内容を教えてください。
また、マツモトの強みは
何だと思いますか?

サブチーフとして、サービスカウンター業務をしながら、シフト管理やレジがスムーズに流れるような指示出し、人材の教育などをしています。チーフは部門の責任者として多くの業務を担っているため、チーフを補佐し、パートさんや準社員さんがチーフに言えないことを拾っていくのも私の役割です。マツモトはチェッカーの接客に力を入れていて、全国的な大会で優秀賞をとるなど、実績を残していることが強みだと思います。

Q3

仕事で「楽しかったこと」
「辛かったこと」は何ですか?

季節を身近に感じられるのは、楽しいですね。クリスマスや年末にはケーキやおせちの受付をします。お客様に「楽しいクリスマスを」「良いお年を」などとお声かけすると、お客様もうれしそうに「あなたも」「ありがとう」と言葉を返してくだるのは、とてもうれしいです。年賀状印刷の受付では、確認不足でお客様にご迷惑をおかけしてしまい、普段しない業務ほどしっかり確認する大切さを痛感しました。

Q4

仕事で心がけていることは何ですか?

当たり前ですが、笑顔で接客することです。私もひとりの人間なので、落ち込んでいるときなど、笑顔になるのが辛いときもありますが、お客様に笑顔で接していると、自然と気持ちが前向きになってきます。サブチーフになってからは、後輩やパートさんの表情をみて、元気がないように見えるときは声かけをして、気持ちのサポートができるよう心がけています。

Q5

仕事のモチベーションになっていることは?

お客様からいただく「ありがとう」の声ほど、うれしいものはありません。少しの気遣いが思いがけない形で返ってくることもあります。赤ちゃんを抱いたお客様の買い物カゴの移動を手伝ったときのこと。当然の気遣いとして行ったことですが、そのお客様が後でサービスカウンターに立ち寄られ、「さっきはありがとうございます」と伝言を残されたと聞き、感激しました。

Q6

教育や研修制度の充実についてどう思いますか?

店に配属される前にレジ操作の研修を受けられたのが良かったです。配属後も、最初は先輩が横に付いてくれ、安心感がありました。昨年、レジ技能と接客応対の検定試験である「チェッカー技能検定」を受けた際は、本部のトレーナーが勉強日を設けて指導してくれたおかげで、3級に合格できました。チェッカー技能の全国大会に出場するための訓練生にも選ばれ、現在、次の選抜に向けて本部で訓練を受けています。

Q7

マツモトの社風を
どう感じていますか?

パワフルな人が多く、「忙しくてもみんなで乗り切ろう」という一体感があります。パートさんも社員も従業員どうしの仲が良く、食事会などを開いたりしています。また、ダメなことはダメとはっきり言ってくれる方が多いため、自分の弱い部分を知って、しっかり直していける環境だと思います。

Q8

今、会社から期待されていることは何だと思いますか?

入社2年目で最年少のサブチーフになりました。そのときにトレーナーに「人が足りないからサブチーフになったと思わないで。片岡さんだったらできるし、期待している」と言われました。期待に応えるために、レジの運営をしっかり行えるようになり、接客技能でもみんなの手本になれるような存在にならなければと思っています。

Q9

今後の目標を教えてください。

役職上、年上のパートさんに指示をしなければならないときがあります。今のチーフのように笑顔でしっかり指示が出せるようになりたいですね。尊敬するチーフはもちろん、パートさんをはじめ周囲の方に「この人なら任せて安心。信頼できる」と思われる存在になっていきたいです。少し先の目標は、結婚して子育てと両立しながら働いていたいです。

Q10

どんな人と一緒に働きたいですか?就活アドバイスもお願いします。

マツモトの接客はマニュアルでがちがちに固まったものではなく、自由度が高く、その人らしさが活かせるので、お客様と関わる喜びを感じたい人がいいですね。前向きに頑張ろうとする意欲がある人と働きたいです。就職活動はふだん接点のない社会人と話す良い機会です。前向きに自分の世界を広げるつもりで仕事を選んでほしいです。